きれいな部屋

民泊が宿泊施設の不足を補う

日本は世界でも有数の観光スポットとなっており、様々な国から観光客が次々と訪れています。観光客が訪れればその分国内でお金を使ってくれますので、それは日本人にとって喜ばしいことです。ですが、それとは別に問題があります。それは宿泊施設が足りないことです。
いくら日本へ観光する外国人観光客が増えたとしても、最低限の宿を確保できないのでは不便です。また、たとえ高級ホテルは空いていたとしても、予算の都合で誰もがそこに泊まれるわけではありません。もう少し割安で一般の人にも泊まりやすい宿泊施設が求められています。そこで今話題になっているのが民泊です。
民泊は一軒家やマンションなどの持ち主、運営者が一部屋を宿泊できるような状態にしておき、そこへ泊まってもらうサービスのことです。この民泊の運営が今よりもっと多くできる状態になれば、宿泊施設が足りない問題を解決することができます。
ただ、この民泊は日本でまだまだ運営しやすい環境が整っておらず、不自由なく利用できるようになるまではもう少し時間がかかりそうです。あまりメスを入れてこなかったサービスだけに、官民で試行錯誤している状況です。しかし、民泊はビジネスチャンスとしてこれからとても重要ですし、その動向は知っておいたほうが良いです。

TOPICS


TOP

Copyright © 2016 東京オリンピック開催に向けて注目されている民泊運営ビジネス All Rights Reserved.