きれいな部屋

日本で民泊が増えている理由

旅行や出張などで遠方に出向く場合に宿泊施設を利用しますが、ホテルや旅館などを利用するよりも格安で利用できる宿泊サービスがあります。民泊もそういった格安宿泊サービスの一つで、一般的な住宅などの民家を宿として提供しているサービスです。
こういった民泊は古くから日本では民宿、海外などではホームシテイとして親しまれてきた文化の一つですが、最近になってそういった伝統が復活し始めているのは、より安くて親しみ深いサービスを求めている多くの利用者がいることと関係しています。
民家を利用するという性質上、普段の日常生活の延長線上にあるようなリラックスした状態を維持することが出来、よりカジュアルな旅行気分を満喫できるのです。民泊を提供する運営側も、普段使用していない余った部屋や物件などを有効活用できるという利点があり、そういった不動産活用の視点からも、これからも同様のビジネスが増えていくと期待されています。
運営に関する許可も、行政に簡単な届け出を出して手続きをすれば運営できるため、法律上特に決まった資格などが必要ないという点も、多くの業者が参入している理由になります。
これからもこの種の民泊が増えることによって、宿泊所不足も解消されてより地域の活性化が加速するでしょう。

TOPICS


TOP

Copyright © 2016 東京オリンピック開催に向けて注目されている民泊運営ビジネス All Rights Reserved.